フリマで売るの、疲れない?宅配買取でストレスフリー ▶︎

帰国子女向けおすすめ転職エージェントランキング

こんばんは。つばめです。


本日は18年海外育ちの私が転職活動した時「みなさんにおすすめできる!」と感じた転職エージェント5つをご紹介します。



帰国子女であることであることを生かして転職するなら海外展開している企業の案件が多い転職サイト・エージェントを複数登録しましょう。


転職エージェントやサイトによって保持している企業案件が異なるのと、あなたと各転職エージェントの相性もあるからです。


なおいい求人というのは、求人を出した瞬間に応募が殺到し、すぐなくなってしまうこともあります。


先に登録だけでもしておきましょう。


登録したからといって必ず転職する必要はありませんし、自分から転職活動をしているといわない限り会社にバレる心配もありません。

目次

帰国子女におすすめ転職サイト・エージェントの定義

colleague, work, woman, men



まずは私が考える「帰国子女におすすめ」の定義です。


帰国子女で転職、となるとやはり武器になるのは、第二言語がしゃべれる海外在住経験による価値観の広さですよね。


つまりはグローバルな環境、人材がそろっているというWin-Winな関係が築きやすい案件を持っている転職エージェントをまとめました。


実際に使用した帰国子女向けおすすめ転職サイト・エージェント

結論から言うと帰国子女に特化した転職エージェントや、転職エージェント自体が帰国子女のメンバーで固めている。というところはありません。


ですが、私自身、転職時30程度の転職エージェント・サイトに登録したのですが、みなさまにおすすめできるのは5つです。


転職エージェントは、企業から紹介料をもらうので我々求職者は無料で使えます


転職する、しないの決断は置いておいて、自分の市場価値を知るためにも登録してみましょう。


帰国子女転職おすすめ1位 JAC Recruitment

おすすめ度 

スクロールできます
JAC Recruitment項目
公開求人なし
非公開求人業界・職種に精通した転職のプロフェッショナル400名がサポート
対象地域 関東・東海・関西・中国の主要都市を中心
対象年代30-50代
利用料金無料
おすすめポイント外資系企業や海外進出企業に強い
2022年現在の情報と強み



は基本的に英語が使えるのが好ましい求人、かつ高年収という求人の取り扱いは他のエージェントと比較しても多いです。


また外資系求人の取り扱いのみが強い印象かもしれませんが、日系大企業の案件(役職付)もあります。


実際に私の友人は経由で日系大手企業に転職を決めました。


なので「外資にはあまり興味ないんだよね。」という方も相談してみる価値はあります。


この転職エージェントの大きな特徴は、求職者専任のエージェントがいないこと。


つまり全員が担当企業を持っているため、その場で「その企業に推薦するのにふさわしい人物か。」と求職者側を見ます。


プチ面接を受けている気分です。


なので初めて転職する方は転職初心者向けのに登録し、履歴書や職務経歴書を添削してもらいましょう。


添削されたものをに登録すると、あなたにとって満足できる結果を得られます。


に面談時点で認められたら、彼らはあなたにいい求人を回す優先順位をあげます。

敷居が高い分、求人の質(給与、ポジション、制度)はとても高いです。


今でもメルマガが届きますが、第一回の緊急事態宣言時、企業のアピールポイントとして「ZOOM面接可」や「一定期間働けば在宅勤務可」など柔軟な姿勢を早めに打ち出す企業様が多かったです。

「とにかく企業成長のために優秀な人材が欲しくて、彼らが欲しいであろう制度をいち早く整えている。」という印象を受けました。


\いい求人はすぐなくなる今すぐ無料登録/



帰国子女転職おすすめ2位 リクナビNEXT

おすすめ度 

スクロールできます
リクナビNEXT項目
公開求人530,000件
非公開求人左記の85%以上
対象地域全国
対象年代全年代
利用料金無料
おすすめポイント転職支援実績NO.1


はじめて転職活動をするならまずここに登録しましょう。


はじめての転職者向けに履歴書のひな形、職種別書き方、Web面接の受け方ハウツーが充実しています。


また自分に「自信がない。自分の強みが分からない。」という方向けに「グッドポイント診断」や「適職診断」というサービスもあります。


ちょっとした占いみたいでおもしろいですよ。

リクナビ
リクナビ、転職


\3分でOK! 無料登録/



帰国子女転職おすすめ3位 リクルートエージェント

本格的に転職活動を始めるのであれば、は登録しましょう。

おすすめ度 

スクロールできます
リクルートエージェント項目
公開求人12.5万件
非公開求人10万件以上
対象地域全国
対象年代全年代
利用料金無料
おすすめポイント有人転職サービス転職支援実績NO.1



就活時代にお世話になった人も多いであろうリクルートグループ。


転職活動でも大活躍します。


日本で海外事業を多く携わっているグローバル企業はもちろんのこと、外資の日本法人も取り扱いが多いです。


私を担当してくださったエージェントが良くて、第一面接で「なぜ私を書類選考で通してくださったのですか?」と聞いた時


の担当者さんが、つばめさんの推薦状でこういうことを書いてあって興味があったからです。」


とお答えいただくことも5人に1人くらいの割合でありました。


新卒も扱っているので企業からの信頼も厚い印象です。


担当者が休みでもサブ担当者が進捗確認をしてくれ、サポートは充実しています。


\3分でOK! 無料登録/




帰国子女転職おすすめ4位 ビズリーチ

おすすめ度 

スクロールできます
ビズリーチ項目
公開求人ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社
非公開求人有料会員向け情報あり
対象地域全国
対象年代3-40代
利用料金基本無料
おすすめポイント高年収取り扱いが多い転職サイト

ヘッドハンター・企業と求職者をつなぐSNSのような転職サイトです。


企業規模、年数はさまざまでしたが、幹部候補前提やマーケティング・CFO直下等、チャレンジングな求人が多かったです。


コロナ前でも基本電話で面談することが多く、今後、「転職市場でいい人材になるためにはどのようなスキル、経験が必要。」「今何をすべきか。」などエージェントによっては教えてくれます。


なおビズリーチにはおそらく転職斡旋実績に応じてエージェントにA~Dランクが付いています。


意外に思うかもしれませんが、Bランククラス以上の人は親身に今後のキャリアプラン相談に乗ってくれる方が多かったです。


2年など先を見越して求人者の年収を上げれるスキル、経験を現職で身に着けてもらえば、自分に入る紹介料もあがるからでしょう。


ちなみに私は紹介された求人とは希望が合わなかったのですが、「英語x会計で今後キャリアを積んでいきたい。30過ぎても転職できるようにするためにはどうすればいいか」と相談したところ


下記条件を言われました。

今後のキャリアで意識した方がいいこと3選
  1. 2年に1度TOEICを受け、900点以上をキープすること
  2. 財務で一番コスパがいい資格は簿記1級なので取っておくといい
  3. 年収をあげたいなら次回までに部下の人事評価経験を積むといい

\3分でOK! 無料登録/



帰国子女転職おすすめ5位 MS-Japan

おすすめ度 

スクロールできます
リクルートエージェント項目
公開求人4千件
非公開求人
対象地域関東・東海・関西の主要都市を中心
対象年代全年代
利用料金無料
おすすめポイント管理部門(経理・財務・人事・総務・法務・経営企画等)や、会計・法律事務所および監査法人に特化

管理部門特化型エージェントNo.1です(2017年3月(株)楽天リサーチ調べ)。


なかなかおすすめ転職エージェントとして出てくることが少ないので初耳という方も多いのではないでしょうか。

は珍しくバックオフィスの職種に限定した求人しか取り扱っていません。


グローバル企業の数はぐっと少なくなりますが


「管理部門でのキャリアを伸ばしたい。」


「今回の転職に求めるものは英語 X 別スキルの別スキルを伸ばすために飛躍できる職場環境。」


という趣旨であればおすすめです。


弁護士、会計士、社労士の士業資格なくても大丈夫です。


私も士業資格なしで登録し、案件紹介してもらって面接にもすすめ内定取れました。

\3分でOK! 無料登録/



面接する前に見ておいた方がいいサイト

現役社員、退職者が投稿する口コミサイトです。

無料会員登録できるのでここで会社全体の雰囲気を事前に知ることができます。


もちろん人によっては揉めて辞めたり、サクラなどもいる可能性があるのですべての口コミは鵜呑みにはできませんが、体育会系なのか、そうでないのかくらいは分かると思います。


そしてそれが自分に合うのか。は分かると思います。


私は年収と退職理由を中心に見ています。転職サイトで募集されている正社員のコメントだけでなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、情報を幅広く参考にすることができます。

\3分でOK! 無料登録/



【まとめ】帰国子女におすすめ5社に登録して自分の市場価値を知ろう!

ご紹介したのは、以下、6つの転職サイト、エージェントです。


いい求人というのは、求人を出した瞬間に応募が殺到し、なくなってしまうこともあります。


理想の職場、求人が今、出ているかもしれませんので、なるべく早く登録だけでもしてしまいましょう。


登録したからと言ってすぐに転職する必要はありませんから。

よかったらシェアしてね!
目次